イングリッシュアンゴラ

基本データ

  • 英語名 : English Angora
  • 体重 : 2.5kg~3.5kg
  • 原産国 : トルコ(品種改良イギリス)
  • 耳 : 立ち耳
  • 毛 : 長毛

特徴

マフラーやセーターなどのアンゴラ製品に使われるアンゴラを、ペット用に品種改良して生まれたイングリッシュ・アンゴラは全身を長い毛で覆われています。そのため見た目はとても大きく重たく見えるのですが、平均体重は3kg程度と小型犬ぐらいの中型品種になります。

性格

性格は他のアンゴラ種と同じくとても物静かで、おとなしいです。さらに甘えん坊の部分もあるので、抱っこをされても嫌がらずじっとしてくれるので、スキンシップが好きな方にはぴったりの品種です。

ケージの中でも暴れたりせず隅っこでおとなしくしていますが、もちろん走れないわけではありません。と言っても、大人が走れば追いつく程度なので、普通のうさぎのような俊敏さは全く感じられませんが、コンパニオンアニマルとしてはとても飼いやすいでしょう。

飼い方

イングリッシュ・アンゴラは全身はもちろん耳の毛までとても長いので、ブラッシングは欠かせません。自分で毛づくろいをするものの、猫のように吐き出すことが出来ませんから、毎日ブラッシングをしてお手入れをしてあげましょう。

それでも自分でお手入れをすることがあるので、毛をきちんと排泄できるように牧草をたっぷり与えるようにしてください。普通はうさぎ用のペレット6割、牧草類4割ですが、イングリッシュ・アンゴラは毛をたくさん飲み込むため、牧草類の割合を増やしてあげるといいですね。

また長毛なだけに暑さに弱い一面を持っていますから、春から夏にかけては飼育する環境の温度に注意してください。1日家にいてエアコンをつけている場合は問題ありませんが、留守にする場合は部屋の温度が上昇してしまいますから、保冷剤や冷却マットなどでしっかり冷房対策を行いましょう。

逆に、冬は高級線維であるアンゴラをまとっている状態ですから、必要以上の暖房をつけないようにします。暑すぎると弱ってしまうこともあるので、室温が25度を超えないぐらいにして、快適な環境を保てるようにしましょう。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です