ビブレン

基本データ

  • 英語名 : Beveren Rabbit
  • 体重 : 2kg~3kg
  • 原産国 : イギリス(諸説あり)
  • 耳 : 立ち耳
  • 毛 : 短毛

特徴

被毛の色や姿かたちはニュージーランド種や大人になる前のフレミッシュ・ジャイアントに似ていますが、中型で大きくならないのがビーブレンといううさぎです。中肉中背で、もっともうさぎらしいうさぎと言えるビーブレンは、まん丸の顔と目が愛らしく、またお尻にかけて大きくなるマンダリン体型が可愛いことから人気があります。

イギリスでは毛皮種であり、食肉種として育てられていますが、日本ではペット用として販売されています。

性格

性格はうさぎとしてとても平均的で、好奇心旺盛で元気いっぱい、いたずら好きで慣れると甘えん坊です。また、さみしがり屋だったり臆病だったりという面もあるので、ビーブレンの機嫌に合わせるのは少々大変かもしれません。

ちょっと自由気ままで無鉄砲な一面も持っていて、どんなに懐いていても公園などで野放しにするとどこかに行ってしまうので注意も必要です。ですが、品種改良されて活発すぎたり物静かだったりするうさぎと違い、外見的にも内面的にも本来のうさぎらしさを持っているのは魅力とも言えるでしょう。

飼い方

ビーブレンの飼育には、うさぎの家となる中型のケージ、エサ入れ、水入れ、トイレ、かじり物が必要です。

小型種ほどアクティブではありませんが、スペースが狭いとエサや水をこぼしてしまうことがあるため、エサ入れや水入れはケージに固定出来るタイプを選ぶと安心です。

また、短毛ですがブラッシングもしなくてはいけないので、目の粗いブラシも用意してください。

エサはうさぎ用のペレットと牧草を用意します。中型なので、牧草が多いと栄養不足になってしまいますから、ペレット6割牧草4割の割合で与えてあげるといいでしょう。

散歩をさせる場合には、ハーネスとリード、持ち歩ける給水器とエサ入れ、ごみ袋、汚れを落とすブラシ、タオルを用意してください。
ただしいきなり外に出すとおびえてしまうので、慣れるまではキャリーケースに入れてお散歩に慣れさせてあげましょう。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です