フレンチアンゴラ

基本データ

  • 英語名 : French Angora
  • 体重 : 3.5kg~5kg
  • 原産国 : トルコ(品種改良フランス)
  • 耳 : 立ち耳 
  • 毛 : 長毛

特徴

アンゴラという品種には改良された国ごとに種類があり、フランスで品種改良されたアンゴラはフレンチ・アンゴラと呼ばれています。大きなくくりで言えば、アンゴラはイングリッシュ・アンゴラとフレンチ・アンゴラの2種になりますが、大きな違いは耳の毛の長さです。

イングリッシュ・アンゴラは耳の先まで長い毛が生えていますが、フレンチ・アンゴラは耳の毛が短いので区別がつきやすいです。

性格

フレンチ・アンゴラの性格はとても大人しく、さらに普通のうさぎと違って我慢強いです。我慢強いというとストレスが溜まりやすく思えるかもしれませんが、実際のところは単にほとんど動かないという見た目が、我慢しているように見えるところから考えられる性格なのでさほどストレスのことは心配する必要はないでしょう。

もともと動きが少なく、人形のようにじっとしていることが多いため、逆に動かそうとする方がストレスに感じるようです。フレンチ・アンゴラの性格を尊重すると、一緒に遊ぶというよりはぬいぐるみのように愛でながら飼うのが正しい飼い方と言えます。

飼い方

長毛種を飼う場合、何よりも重視しなくてはいけないのが衛生面です。特に床材は、大事なペットの健康に大きく関わるので、適当なものではなくフレンチ・アンゴラに合ったものを用意してください。

一般的には、床材は木のすのこの方が足に優しく、金網は足を傷つけると言われています。しかしフレンチ・アンゴラは長毛ですから金網でも問題ありません。それより木のすのこは雑菌が繁殖しやいですし、かじってしまって木のささくれが出来、怪我をする恐れがあります。
プラスチックにはおしっこが溜まりやすいため、衛生を保つのが大変です。金網はこれらの問題をすべてクリアしていますから、床材は金網のすのこなどにして、その上に干し草を敷いてこまめに取り替えてください。

もちろんブラッシングはこまめにして、足裏やお尻周りも清潔の保てるように毎日拭いてあげましょう。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です