食フン

うさぎはフンを食べるのか

他の動物でも見られる事があるのですが、うさぎはフンを食べます。フンを食べると言っても、私達が考えているようなものではなく、消化を助けるために行う行動です。

うさぎのフンは、一般的にうさぎのフンと言われている固いフンと、そうでない柔らかいフンの2種類があるのです。うさぎは、固いフンの方は食べません、しかし、夜にする柔らかいフンは食べるのです。なぜならそのフンにはうさぎの消化を助ける細菌がたくさん入っているからです。

うさぎは草や植物を食べますが、牛の様に胃が何個もあるわけではないですし、体が小さいので消化が上手くできません。そのため、夜にする柔らかいフンを食べ消化に役立てているのです。うさぎの柔らかいフンには、細菌のほかにビタミン類などもたくさん入っていて、まさに消化栄養剤のようなものなのです。

このフンを食べるという行動がちゃんとできていないと消化が上手くできなくてうさぎの健康に害を及ぼすことさえあります。うさぎがフンを食べるのは自分の体を自分で守る為なのです。

フンで健康を保つうさぎ

フンを食べると聞くとどうしても汚いと考えがちですが、うさぎにとっては柔らかいフンを食べる行為は自然な行動です。うさぎの生きるための知恵なので邪魔しないであげて下さい。

うさぎのフンで夜にする柔らかいフンは、栄養価が高いフンです。柔らかいフンは、ビタミンBやアミノ酸などが入っていてフンを食べることで体の調子を整えているのです。私達人間がサプリメントを飲むように、うさぎは自分で作った柔らかいフンを食べています。柔らかいフンを食べると、うさぎの消化は良くなります。

ペットのうさぎは、うさぎのえさとして固形のものを食べたりしますが、野生のうさぎは草など消化しにくい物を食べます。そんなうさぎの消化を助けてくれる柔らかいフンをうさぎが食べるのを嫌がる飼い主さんもいますが、それが原因で消化が悪くなることがあります。本来のフンである固いフンはうさぎも食べません。うさぎにとって消化栄養剤である柔らかいフンを食べることは良いことですので、存分に食べさせてあげて下さい。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です