毛

うさぎの換毛期

犬や猫もそうですが、うさぎも全身を毛に覆われている動物なので、春と秋、年に2回毛が生え変わります。これを換毛期といい、春に冬の毛が抜けて夏の毛になり、秋に夏の毛が抜けて冬毛になります。

大きな換毛期はこの2回ですが、毎日毎日ちょこちょこ毛が抜ける事もあるので、普段からブラッシングや掃除をしてあげる必要があります。

換毛期の時期になると、うさぎがかゆくなるようで、よく掻くしぐさをします。掻くとうさぎの毛が飛ぶので、家の中で飼っている場合は、こまめにブラッシングをしてあげておくと良いでしょう。

換毛期が過ぎればすっかり毛も生えかわり寒さや暑さに対応できるようになりますが、室内で飼う場合は室温を調整して下さい。夏毛や冬毛になっても上手に体温調整ができないので、小屋を作ってあげたり、室内なら冷暖房や毛布などを使って下さい。

換毛期は、春夏でそんなに心配する事ありませんが、夏や冬もうさぎによってはストレスで毛が抜けることがあるので注意して下さい。

換毛期の時気を付けること

うさぎは、まめにブラッシングなどをしてあげると換毛期の生えかわりの毛が綺麗にとれて、モコモコします。うさぎ自体とても綺麗好きなので、飼い主に慣れてくるとブラッシングを嫌がらなくなります。どうしてもブラッシングする時動くようなら、抱かずに歩かせながらブラッシングして下さい。

飼い主さんに慣れてくると抱っこしてもおとなしくしていますが、無理やり抱いたりしてブラッシングすると返って毛が飛んだりさらに嫌がるようになります。うさぎと飼い主さんの信頼関係が確立されるまで我慢して下さい。

ブラッシングの他にも、できればペット用のウエットシートなどで体を拭いてあげるようにしていれば綺麗な状態を保てます。

うさぎの毛を室内で放置しておくと特に小さなお子さんがいる場合動物の毛アレルギーなどになってしまうことがあるので気を付けて下さい。また、換毛期の時はゲージも汚れやすいので、清潔にするよう心掛けて下さい。換毛期を過ぎれば冬毛と夏毛が落ち着いてうさぎの毛も綺麗になりますので、それまでまめに手入れして下さい。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です