遊び場

うさぎの遊び場を作った方が良いか

うさぎは、マンションなどで飼う場合、飼育スペースが狭くゲージの他にうさぎの遊び場を作ることがが難しい場合も多いものです。しかし、遊ぶ時だけサークルを設けてうさぎを遊ばせる事も可能です。家の中で遊び場を作るのが無理でもベランダなどで一時的に遊び場を天気が良い日造る事もできます。

うさぎは、元々野生の場合、穴を掘ったりエサを探して巣の周りを散策します。ゲージの中にずっと入っていると運動不足にもなりますしストレスも溜まりうさぎの健康に良くありません。

うさぎと長く一緒に暮らしたいならたまにでも良いので遊び場を作って遊ばせてあげるのが良いのです。

ゲージから出して家の中で遊ばせるのも良いですが、おしっこやうんちをしたり、色々なものをかじったりします。遊び場ならそういうトラブルも無いのでおススメです。

人とうさぎが快適に暮らす為にたまにうさぎにも遊び場で遊ばせるのは良い事です。

うさぎの遊び場はどうやって作る

うさぎの遊び場は、そんなに難しく考える事はありませんが、ストーブガードのようなサークルの中に段ボールと麦わらを入れてあげるだけでも大丈夫です。

うさぎは、ゲージの中では穴掘りもできませんが、麦わらを厚めに入れてあげるだけで、穴掘りの疑似体験ができます。うさぎ自身、とっても嬉しそうに麦わらと戯れるので飼い主さんも嬉しくなるはずです。麦わら自体は、ペットショップにも販売されていますが、通販などで安く購入できる場合もあるので探してみてください。

サークルでは水を入れる位にして、あとトイレは設置して下さい。エサはゲージに戻ってから与えるようにすると、遊び場にはエサがないということを学習します。

あまり長時間遊ばせる必要はないので、数時間くらいにしてゲージに戻してあげるとちょうど良いでしょう。

お庭があるような家ならお庭で放すのも良いのですが、囲いがないところで目を離すと脱走する可能性がありますので気を付けてください。お庭でもガードを付けておいたほうが良いでしょう。また、地面が土だと汚れるので洗ってあげなくてはならなくなりますし、急に雨が降るようなこともあるので、屋根が付いている場所がベストでしょう。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です