ブリーダー

ペットショップとブリーダーのメリットとデメリット

うさぎを飼おうと決めたなら、次にどこで買うのかというのを決めなければなりません。

一番うさぎを購入されるのが多いのは、ペットショップですが、実際にうさぎを育てているブリーダーから購入される方もいます。どちらにもメリットとデメリットがあるのでご紹介しておきます。

ペットショップは、うさぎだけではなく色々な動物を販売していて、動物の生体だけではなくてペットグッズやペットフードなども販売しています。うさぎは、人気があるペットなので、大型店だと3羽から5羽くらいいることもありますが、ペットショップの中でうさぎ専門の店員さんというのは稀です。

タグにうさぎの種類とどんな感じのうさぎかが書いてあることもありますが、詳しいことはわからない店員さんが多いのも事実です。うさぎの価格は比較的高めです。

うさぎのブリーダーは、個人で行っている場合と何人かで行っている場合があります。うさぎを専門でブリードしている専門家ですので、当然ながらペットショップの店員さんと比べると、非常にうさぎの知識が豊富で、色々なことを聞く事ができます。

しかし、近くにうさぎのブリーダーがいるとは限りません。価格はペットショップに比べると安いのですが、直接購入でトラブルになるケースもあるので評判などもチェックしておくと良いでしょう。

ペットショップとブリーダーの違い

ペットショップとブリーダーは一長一短があります。

ペットショップは大手で、何かあった場合はお店が保証してくれるので安心ですが、うさぎの知識がある店員さんばかりではないのでどうすれば良いかわからない場合もあります。そのような時には、ちゃんとうさぎの飼育方法やゲージやえさの選び方を知っている店員がいるペットショップを選ぶようにしましょう。

うさぎの種類について詳しいのは何と言っても専門家であるうさぎブリーダーです。実際、うさぎの繁殖などをしているので小さい頃からうさぎを見ていて、どんなうさぎなのかよく知っています。世話の仕方はもちろん、うさぎのえさの好みまで理解しているので安心です。良いブリーダーだとアフターサービスで色々教えてくれたりするのでうさぎ初心者には強い味方にはなってくれます。ただ、近くにブリーダーがいるとも限りませんのがネックです。

近くにうさぎ専門店やブリーダーがあるかどうか、その評判、またうさぎに関する基礎知識も、当サイトや他のうさぎ専門サイトで十分に調べてから、うさぎを探し始めると良いでしょう。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です