保険のポイント

うさぎのペット保険も保険会社や、プランにより保障も異なります。保険会社を選ぶ時のポイントをチェックしておきましょう。

うさぎ用のペット保険で重視すべき事

うさぎは犬や猫とは分類が違い、小動物になります。他にはフェレットや鳥も小動物に含まれますが、保険を探す時は小動物を対象にしているかどうかをチェックしましょう。うさぎが入れる保険といっても、加入には年齢制限がついている事があります。加入は生後4ヶ月程度からできますが、上限は4歳11ヶ月、7歳11ヶ月と保険会社により異なりますので、確認が必要です。

保険のプランもいろいろありますが、期間が決まっている場合、満了期に加入可能な年齢を過ぎてしまうと、再加入ができなくなる可能性があります。この場合は自動的に更新できると安心です。期間は終身がいいかもしれません。

掛け捨ての場合は月々の保険料が安くなりますが、病気や怪我をしなくてもお金は戻ってきません。ただし保険期間内に保障対象となる分の費用はカバーできます。こういう時は少し月々の保険料は高くなりますが、満了期に払い戻しや、健康でいた時の払い戻しがあるプランがおすすめです。

月々の保険料について

月々の保険料は保障内容によっても異なりますが、年齢を重ねるごとに保険料が高くなる場合があります。これも保険会社により違いますが、年齢によりどのくらい上がるのかもチェックしておきましょう。

ペット保険には待機期間というのが設けられています。ここも保険会社による違いはありますが、本来の保障内容であっても、加入いてすぐは保険適用外となってしまう事があります。これについてはペット保険の加入時に、健康診断などをせず、飼い主の自己申告で申告書を作成することも関係しています。既に持病があって加入しても、自己申告の場合は隠しておけるため、念の為に待機期間を設けているようです。ペット保険にもすぐには使えないことがあると覚えておいてください。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です