保険メリット・デメリット

うさぎが病気やケガをしたら、動物病院に連れていきます。動物病院は人間の病院のような健康保険制度がありませんので、治療費はすべて自己負担となります。

入っていることのメリット

ペット保険に加入しておけば、治療費や入院費、手術費の費用の一部を保障してもらう事ができます。ただしこれには月々の保険料がかかります。うさぎの場合は月々の保険料も比較的安いので、プランや保険の種類により異なりますが、安いものは1,000円台からあります。安い場合は掛け捨てになりますが、加入しておけば、怪我や病気になった時の治療費の一部を保険でまかなう事ができます。経済的な安心という意味ではメリットになります。

うさぎの治療も症状により内容は異なりますが、麻酔を使う手術のような場合は数万円かかる事もあります。この場合も保障の対象なら保険でカバーできて安心です。

デメリット

ペット保険は任意となるため、絶対に加入しなければいけないというものではありません。ここは飼い主さんの考え方次第ですが、加入しなくても全く問題ありません。ただしもしも怪我や病気で動物病院にかかる場合、費用は全額自己負担となります。経済的な余裕があるなら無理にペット保険に加入する必要はありませんが、万一に備えてペットも保険に加入するという傾向は増えています。

あえてデメリットを挙げるなら、月々の保険料がかかる事でしょう。しかしペット保険の場合はそれほど高額ではありません。保障を手厚くしても4,000円前後ですから、万一の時に備えておくという意味では妥当な金額です。もう少し安く抑える事もできますから、資料請求などをして、いくつかの保険会社を比較しておく事をおすすめします。

ある程度名が知れた大手なら、保障も充実していますし、実際に利用する時もきちんと対応してくれます。ただし保険によっては待機期間があり、加入後すぐには適用されない事があります。これについてはデメリットとなってしまうでしょう。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です