ウサギのおやつの選び方

ウサギのおやつは非常に種類が多く、ペットショップに行くと様々なおやつを見ることができます。

種類としてはドライフルーツやドライ野菜、クッキーやクラッカーなど、簡単に食べられるものが多いです。ウサギは草食動物ですから生のフルーツも食べますので、ドライフルーツを与えるのもいいでしょう。またパパイヤ、リンゴフレークなど消化を促進してくれるおやつも中にはあります。

おやつを選ぶポイントは食事の妨げにならないようにすることです。ウサギは基本的にペレットやラビットフード、生の野菜などを食べますから、おやつはあくまで補助的なものです。

生のフルーツがあればそれをおやつにしても構いませんが、常に用意できるわけではないというときに市販のおやつを代用するのも構いません。フルーツは消化を助けたり、栄養を補助したりとウサギにとっていいことも多いのですが、食べすぎると肥満の原因となりますので主食には向かないのです。

ウサギのおやつの注意点

ウサギのおやつは人間と同じ感覚で、甘いものが好きということです。

しかしおやつを与えるタイミングを間違えてしまうとおやつを延々とねだられる、くれるまで暴れるといったことがありますので、おやつを上げるタイミングを決めましょう。

おやつはコミュニケーションの一種ですから飼い始めたウサギの警戒心を解く、しつけに成功した時のご褒美として与えるといったことができます。トイレの場所を覚えた、素直にキャリーに入ることができたりブラッシングや爪切りができたりしたといったときに挙げるといいでしょう。

また体調が悪く食欲がないウサギ、偏食気味のウサギもおやつを与えると喜んで食べてくれます。特に偏食気味だという場合は餌と一緒に与えると普段食べない餌を食べてくれる可能性が高まります。

ただしウサギの餌は市販品の場合カロリーが高いので肥満の原因となります。おやつを与えるときはタイミングを見計らって少なめに与えるよう注意してください。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です