人間が水分補給が必要なのと同じように、ウサギも水分補給はとても大切です。ウサギは肌が弱く、ちょっとしたことで皮膚トラブルを起こすことがあるため、皮膚を潤わせるためにも水分補給はしっかりと行う必要があります。

しかし、昔はウサギに水を与えると死んでしまうと誤解されていたほど、水に濡れるのが大嫌いなため、水を与えるボトルは慎重に選びましょう。

ウサギ専用の給水ボトルがお勧め

ウサギは水に濡れるのが大嫌いです。また、水に濡れることで病気になりやすくなってしまうため注意が必要です。

そのため、ウサギに水をあげるときには、ウサギ専用の給水ボトルを用意するようにしましょう。ウサギに水をあげるには、食器のような入れ物に水を入れ、下において固定するか、ケージに取り付けて飲みたいときに飲みたい分だけ出すことができる専用のボトルタイプのものがありますが、ボトルで飲めるウサギであれば、ボトルで与えたほうが安心です。

給水ボトルは大量に水を入れておくことができ、ウサギが飲みたいときに飲みたい分だけ出すことができるので便利ですが、飲み残したものに新しい水を注ぎ足すのは、水の品質に問題があり、ウサギが病気になってしまう危険があるため、1日1回は水を全て交換しましょう。

また、給水ボトルでも、小さな赤ちゃんウサギに注ぎ口が大きなボトルだと、ちょっと吸っただけで大量に水が出てきてしまいますし、大きなウサギに注ぎ口が小さなボトルだと、一生懸命すっても出てこないこともあります。自分のウサギの大きさに合わせた給水ボトルを選ぶ事が大切です。

給水器やボトルで水を飲むのが苦手なウサギの場合

ウサギの中には給水器やボトルで水を飲むのが苦手な子も多いようです。そのようなときは、重くて安定性があり、5センチほどの深さの食器に水を入れて出してあげましょう。

食器から飲む場合には、喉元や口元が水で濡れてしまうことがあるため、水を飲んでいるときはしっかり見守ってあげて、水に濡れたら拭いてあげる事が大切です。

給水器にしてもボトルにしても、食器にしても、口を近づける部分はかじりにくい素材を使用したものを選んでください。

また、小まめに手入れをしないとミズゴケやカビなどが生え、ウサギが病気になってしまうことがあるので、掃除しやすいものを選び、こまめに掃除することが大切です。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です