ケージが必要な理由

ウサギは元々穴の中で生活していた動物です。そのため、ペットとして飼われるようになった今も、生活の拠点となるケージの中が一番居心地がよく、落ち着く場所なのです。

部屋の中で放し飼いをしたいと考える飼い主さんもいるかもしれませんが、あまりお勧めできません。

ウサギは人間の生活など知る由もないため、飼い主が目を離している時や、外出している時など、コードをかじってしまったり、ゴミ箱を散らかしてしまったりしてしまうことがあります。また、静かに足元付近にいるため、うっかり踏んでしまったり、蹴飛ばしてしまう事故も起きやすい動物です。

ウサギをケージに入れることによって、人間とウサギともにそれぞれが安全で快適な生活空間を持つことができるのです。

ケージの選び方

毎日そこで生活を送ることになるウサギが快適に過ごせるケージであることが最低条件なのですが、ウサギを快適に過ごせるようにするためには飼い主の細やかなメンテナンスが大切です。そこで、飼い主が扱いやすいかどうかという視点で選ぶことも重要となります。

まずはウサギがある程度動ける空間があること。飼育するウサギの大きさにもよりますが、奥行きも幅も高さも60センチ以上のものがお勧めです。それ以下ですとウサギが窮屈なだけでなく、中からウサギを出そうとしてもなかなか出せなくなってしまうため、中でウサギがゆとりを持って動ける大きさが良いです。扉も大きければウサギが出入りしやすいため、扉も大きなほうが良いです。

ケージ全体やトイレは掃除がしやすいものを選びましょう。梅雨の時期や夏場は特に小まめに掃除することが大切なので、掃除しやすいのは飼い主にとってもウサギにとっても快適な条件です。

また、いくら慎重にえさなどを与えていても、食べ散らかしたり、こぼしたりと、ケージの周辺はとても汚れやすいです。そのため、部屋の環境を清潔にするためにも、時々ケージを移動させて掃除する必要があります。そのため、キャスター付きなど移動しやすいものが良いでしょう。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です