ウサギのサプリメントの選び方

ウサギも年を重ねると体のあちこちにダメージが起こりますから、サプリメントで栄養サポートしてあげるのもいいでしょう。

販売されているウサギ用のサプリメントの種類では乳酸菌や納豆菌、ビタミン類にパパイヤ酵素などがあります。乳酸菌は腸内環境を改善し、おなかの調子が悪いウサギの体調回復をサポートしてくれます。納豆菌は乳酸菌、ビフィズス菌の働きをサポートしてくれるのですが、ほかにも毛球症を予防すると期待されています。

ビタミン剤は体調が悪い時や栄養が足りないというときにサポートする意味で与えるといいでしょう。パパイヤ酵素は消化をサポートする、毛球症を予防する効果がありますので、消化不良を起こしている、食欲がない時に与えるといいでしょう。

年齢を重ねると免疫力が低下し、活性酸素が発生して病気にかかりやすくなりますので、ビタミン類を与え、自然治癒力をサポートしてあげるのは構いません。また年齢が上がると活動力が低下しますので、コエンザイムQ10などをラビットフードにまぜて与えるのもいいでしょう。

最近はシニアのウサギ向けのサプリメントも販売されていますし、シニアフードにあらかじめサプリメントを混ぜたものもありますので、ウサギに与えるフードとして候補に入れてもいいでしょう。

ウサギ用サプリメントの注意点

サプリメントは人間と同じであくまで栄養補助食品でしかありません。サプリメントだけをウサギにあげてもウサギの健康状態が維持できるかというとそうではありません。

またウサギにすでに気になる症状が見られるという場合は早めに獣医に相談し、サプリメントを与えるかどうか相談してみてください。もちろん一時的に体調を崩しているだけ、というのなら体調管理のためにサプリメントを与えるというのは構いません。

気品的にウサギの体調管理は飼い主が様子を見ながらして構わないのですが、明らかにおかしいという場合はサプリメントで対応するよりも、かかりつけの獣医に診せ、診断を仰ぐようにしてください。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です