ラビットフードの選び方

ラビットフードの種類は非常に多いので、ウサギの年齢や大きさに合わせて選んであげましょう。

チェックしたいところは配合されている成分に繊維質が多く含まれているか、たんぱく質やカルシウムは控えめかということです。

それから形はウサギが口に含みやすいもの、硬さは不正咬合を防ぐために硬いものがベストです。ただし硬すぎる場合は逆に歯のトラブルになりますので中間のものを選ぶようにしてください。

原材料の違いを見てみると栄養価が高いので年齢を考えずに与えることができるアルファルファを主原料としたフードはカルシウムが多いので肥満、結石などの原因となりやすいです。適量を与えるように心がけましょう。

ティモシーが主原料のものは繊維質が多くたんぱく質やカルシウムが少ないのでいいのですが、離乳期から成長期にかけて栄養を必要とするウサギには不十分という意見もあります。ですからウサギのフードは基本的に年齢に合わせて与えることが大切です。

ラビットフード選び方の注意点

ラビットフードを選ぶときに参考にしたいのがウサギの年齢です。1歳までのウサギは成長期にありますのでアルファルファを主原料としたフードが望ましいのですがネザーランドドワーフなどの小型種は成長が早いので早めに次の段階に切り替える必要があります。

1~5歳のウサギは活発的な大人の時期ですから食べすぎると肥満になるウサギもいます。この時期はティモシーを主原料としたフードで構いませんが、適正体重のウサギや痩せ気味のウサギはまだアルファルファメインでも構いません。5~7歳のウサギは中年と言われる時期ですからティモシーをメインに与えてみてください。

7歳を超えるとウサギも高齢者になりますのでティモシーをメインとしたフードだけではなく、サプリメントを併用したり、シニア用に販売されているフードを与えても構いません。この時期になると活動も少なくなりますので、ウサギの体調を見ながら獣医と相談し、与えるフードも考えてみてください。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です