水

ウサギの水の選び方

本来ウサギは野草などから水分を摂取する生き物ですが、ペットとして飼育されているウサギはペットフードから水分を取ることがあまりできません。水を与えるときは軟水を選ぶようにし、毎日取り換えるようにしましょう。

ウサギにとって水分は代謝を活性化する、栄養素の運搬をする、血液を作るといったように人間と同じ役割を持っています。水分不足になれば当然体に影響を与えますから、人間と同じように脱水症状を起こし、最悪死に至ってしまうのです。

水を選ぶときはミネラル分のない軟水を選び、尿結石を防ぎましょう。結石ができやすいウサギは特に硬水ですぐに尿結石ができてしまいますので注意してください。

水道水も与えて構いませんが、カルキ臭が気になる場合は数日おくか一度沸騰させてから覚ましてカルキ抜きし、与えてみてください。

水の容器は吸水ボトルが便利ですが、吸水ボトルを好まないウサギの場合は水皿を使い、毎日取り換えるようにしてください。そうしなければ水が汚れ、ウサギの体調不良につながります。

ウサギの飲み水の注意点

急きょ旅行先や帰省先にウサギを連れていくことになったけれど、ウサギにあげる水がないから水道水をあげた、というケースが見られますが、ほとんど飲まなかったということはないでしょうか。ウサギは鼻がいいので普段飲んでいる水と臭いが違うとすぐに気づきます。

ウサギに水を与えるときに気を付けたいのはカルシウム分の多い硬水を与えすぎないことです。カルシウムをためやすいウサギは結石になりやすいので注意が必要です。日本の水道水や天然水は軟水が多いのでとくに問題ありませんが、不安なら市販のペットボトルの水やペットショップでウサギ用あるいはペット用に販売されている水を買って与えてください。

水道水の水を与えるのも特に問題はないのですが、ウサギがあまり飲まないようなら浄水器を付けるなど工夫するといいでしょう。ウサギが水分不足にならないよう十分注意して与えましょう。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です