ウサギのフードの種類と選び方

ウサギの餌の種類の一つは野草や野菜ですが、ウサギは本来草食動物でその辺に生えている葉を食べて育っていますから、これは多くの方が納得できることでしょう。

野菜といっても人が食べるような柔らかい葉にこだわる必要はなく、キャベツの芯や白菜の外側の葉、ニンジンや大根の葉のように捨ててしまう部分を与えても構いません。またタンポポやクローバー、ハコベなどといった野草もウサギは食べます。大好物はニンジンや売り、カボチャに小松菜、青梗菜、サツマイモなどですが、柔らかいものから硬いものまでなんでも食べます。

ペットショップで購入するならペレットという牧草を固めたものを与えるといいでしょう。ただしペレットは数種類販売されており、ウサギに与える量が違いますので、必ず説明文をよく読んでから与えるようにしてください。ラビットフードも最近は多く販売されていますので与えてももちろん構いません。

ウサギのフードの注意点

ウサギのフードで注意したいことは野菜を与えるときにホウレンソウをあげすぎないことです。ホウレンソウにはシュウ酸が含まれており、食べすぎると健康に影響を及ぼすことがあります。

またクローバーやクズなどマメ科の植物は腸内で発酵してしまうため病気になることがありますので与えすぎに注意するかあるいは与えないようにしましょう。

ペレットを与える場合はペレットに小麦粉やハチミツが使われていないか確認してください。小麦粉はペレットを固めるために使われており、蜂蜜は味をよくするために使われていますが、どれも野生のウサギは食べないものですから健康面での不安はぬぐい切れません。

ラビットフードを与える際はおやつ代わりにしないように注意しましょう。本来ラビットフードは主食として与えるものですが、おやつ代わりにしてしまうと肥満の原因になったり、不正咬合の原因となったりします。不正咬合はかみ合わせが悪いためものが食べられなくなったり、歯が曲がって口の中が傷ついてしまったりしますので、防ぐためにも歯を削る効果のあるハードタイプを選ぶといいでしょう。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です