うさぎの眼玉
うさぎの目はクリクリと大きく可愛いチャームポイントの一つですが、正常なら飛び出る事はありません。うさぎの目が飛び出ているのは普通ではないというサインです。

うさぎの目玉が飛び出しそうになっている

うさぎの目が飛び出ているというのは正常ではありません。何らかの異常が起きている証拠です。考えられるのは眼球が大きくなっている、目の大きさは普通だが眼圧が高くなり前に出てしまっているかのどちらかです。

うさぎで眼球が大きくなるというのは、緑内障になっている可能性が極めて高いです。大きさは異常ないのに前に飛び出ている場合は、高いところから落下した衝撃が強すぎて飛び出てしまった可能性があります。いずれの場合もこれは緊急事態ですから、すぐに動物病院に連れて行き適切な処置をしなければいけません。

目が出ている時の対処法

目が飛び出ている場合は早急に眼球を洗浄して、元に戻す処置が必要です。しかしこれはそのままでは不可能ですから、麻酔をして手術という事になります。しかしショックが大きく麻酔に耐えられる体力がないとできませんし、眼球に傷がある場合も安易に洗浄し戻すという事はできません。

もしも眼球に傷がついていたり、麻酔に耐えられるだけの体力がなかったりする場合は、命を優先しますので、最悪失明してしまう可能性が高くなります。うさぎの場合はどちらか片方の目が飛び出て失明すると、もう片方の目も視力を失うリスクが高くなります。

ごくまれに目の奥に腫瘍ができ、腫瘍のせいで目が飛び出てしまう事があります。この場合は腫瘍を取り除く事は極めて難しいので、腫瘍と眼球を一緒に摘出する事になります。目だけに原因があるとも限らず、中には胸部の腫瘍が原因となる事もあります。どちらの場合も眼球が飛び出るという状態は、かなり危険な状態です。手術をしても延命できる可能性はあまり高くありません。回復の見込みがない場合は、無理に治療をせず痛み止めなどで苦痛を和らげる処置を選択します。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です