ウサギの災害セットはこれをそろえよう

毎年どこかで大地震が起こる可能性がある、という報道がありますが、地震だけではなく大災害はいつ何時起こるか分かりません。ウサギを飼っている方はウサギの防災グッズもそろえておきましょう。

防災グッズで最低限そろえておきたい物はキャリー、フード、牧草、水、食器、ペットシーツです。避難するときはもちろん、避難先でもキャリーは必要になりますが、長時間キャリーに入れておかなければならないことを想定し、水を飲む器などが取り付けられるタイプや床網タイプを選ぶといいでしょう。フードはいつも食べているものを選び、水はペットボトル入りのものがベストです。

牧草は普段使っているものや非常食として持ち出せるものを、食器は餌や水を入れるものを選びましょう。ペットシーツは毎日取り換えられる保証がありませんので、吸水性のいいものや消臭効果に優れているものを選んでください。ペットショップによっては防災グッズがセットで販売していますので探してみてください。

災害セット私用の注意点

ほかにもストレスによって失われる水分を補うための電解質液や体温を保持するためのタオルや毛布があると便利ですが、注意したいのはいざ避難というときにウサギが嫌がらないようにキャリーにならしておくことです。普段からキャリーに入り慣れているウサギならいいのですが、キャリーに慣れていない、いつもと違うキャリーだという場合は素直にウサギが入れるよう普段から慣らしておいてください。

災害グッズの使用期限や賞味期限などの確認もこまめにすることが大切です。ラビットフードや水には賞味期限や消費期限がありますので、過ぎてしまわないように買い替えましょう。何かにメモをしておくと、いざというときにすぐチェックすることができます。避難先を車にする場合はペットもエコノミークラス症候群になる可能性がありますので注意してください。

いざ災害が起こったとき、飼い主が慌てずに冷静に対処することでウサギは安心して非難することができるのです。

シェアしよう...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です